HYPER LACK + REPACKED

by LOWPOP LTD.

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      ¥1,000 JPY  or more

     

1.
2.
3.
02:56
4.
03:57
5.
02:51
6.
01:38
7.
8.
9.
06:21

about

+ 6 songs bonus tracks ep : REPACKED
DL link and password are in folder of the album you have bought

MORE INFO & LYRICS :
64mind.web.fc2.com/HYPERLACK.html

credits

released February 26, 2017

64MIND

tags

license

all rights reserved

about

LOWPOP LTD. England, UK

REPRESENTS 64MIND

64mind.web.fc2.com/index.html

contact / help

Contact LOWPOP LTD.

Streaming and
Download help

Track Name: SCREAMIN YOUR GUITAR
ビルディングの裾に突っ立って
煙草をそっと踏みにじっていた
僕らはそう 何も無かったんだ
言いたいことだって うまく言えなくて

突きとばしたい ふざけた俺を
振り下ろした 5弦切れた

瞬きしてた って君はうそぶいた
大事な言葉も 全部忘れていった
思いたいことを探してばかりで
僕らは本当 何も無かった

夏の風景を思い出そうと
止まった足に気付いた
君はいつも僕よりずっと聡明な目をしていて
僕はノートを使い切らずに
いつしか冬が来ていた
風を裂いた光の粒が僕らを粉々にした
Track Name: YOUR SPINE UNTIL IT WAVES
この感じすべて言い表しようがなくて
どうにかして笑う
日々を追いやるために

言い訳するための言葉すらなくて
無駄にしてきたことに何も思ってもいなくて

失って気付いた
それを取り戻すすべも知らないこと
無駄にして気付いた
諦めるすべも知らないこと

俺には何もないってことはわかっても
どうするべきなのかはわからなくて

何か言いたい どうにかして なんとかして
すべて言いたい あらゆる場所で みんなに
君の背骨が疼くまで

倦怠はどこまで生活を蝕んで
Track Name: HYPER LACK 2
遠く離れて無為の日々を過ごして
ベッドの中で半分死んでる
素晴らしい今日 おれは独り
すべて孤独で みんな孤独で
曖昧なんかねえ
悲しみは君を連れてったまま
全然うまく言えなくて
おれも連れてかれそうで
悲しみは壊れっぱなしで

言ってんだろ
おれが言いたいのは って
おれが言いたいのは って
ぜんぶもういいよって

聞いててよ
おれが言いたいのは って
おれが言いたいのは って
全部もう大丈夫って

どこで何をしくじった?
Track Name: MINOR THREAD
大切な思い出を失ってゆく季節に
心のどこかにしまっておくうちに
どこにしまったか忘れてしまった
薄れてく記憶 色褪せる感覚
僕らは健忘症の生き物だ
些細な糧を忘れて生きてゆく
あなたが僕に投げかけた言葉も
いずれは光の粒になって消える
どこまで覚えていられるだろう
あなたの言葉 歌いかた 咳のしかた
すべて形にしたかった

風を裂いて夏が行く
揺らして見えた
ころがして消えた

僕を裂いて夏が行く
くゆらして見えた
誤魔化して消えた

夏はみじかくて
夜はみじかくて
僕らを置いていくよ
約束もできないよ
ぼくらは何処へいくんだろう
ぼくらは何をしてんだろう
帰り道は無いよ
有ってもみえないよ
Track Name: SUPER ENOUGH
きみを追いかけてさ そのドア叩いてさ
虚しさの海で 朝焼け青くて
水を飲み干して タオルをかぶって
ぜんぶ怖くてさ 何もできなくてさ

夕焼けねむくてさ 紫陽花が死んでさ
まどろみのなかで きみが突っ立ってた
何故か寂しくて きみの手握って
みんなやさしくてさ 何もできなくてさ

な み だ を
か く し て
き み の て
に ぎ る よ
Track Name: HYPER LACK
きみは目をつむって何かを祈っている

きみは光だってそれを僕は知っている

僕は目をつむって寂しさに耐えてる

きみは独りだってそれを僕は知っている
Track Name: TEENAGE RESURRECTION
明日を恐れて毛布にくるまった
君のために何を言うか考えた
僕らの前に横たわる現実は
やりきれないほどに灰色だったんだ

他人の目のなかの自分を葬った
諦めたことばかりを思い出した
僕らの前に横たわる現実は
やりきれないほどに退屈だったんだ

画面の中で男が「真実を握りしめたい」と
身体を曲げてがなっていた
僕は耳を塞いでいる
言葉にならないことを叫ぶ
信じたいのは自分だって
知らないふりをするなよ
見て見ぬ振りをするなよ

「明日また」ってそこで分かつ
何か知らず 僕ら遠く
Track Name: POGO in my head
死に絶えた目線の先には
いつもめちゃくちゃなことばかりで
冷めたパンクロックは
僕らの屍を抱きしめて

そう言った

何処へでも行けるから決して
目を背けないで欲しいと言う
返す踵なんて無いし
あらすじなんて最初から無え

そう言った
ステップを踏んで

不透明な時間さえないまぜにしたくて
張り詰めていて
はちきれそうで
甘く透き通った諦めは
ゆるやかに深まってゆく
Track Name: SALINGE
僕らの何かは終わった
あとにただ残ったものは 蝉の声
歩き出したときにはもう
夕闇が街を追いすがって
甘く焦げた空は透き通って
僕はまた今日も死にたくなって

限りなく青い感じを
拭い去りたくはなかった この先も
世の中のすべてはもう
僕を置き去りにするようで
印象だけは枯れずに残って
飲めない水が瞳をつたって

なんとなく気がまぎれて
けだるさがまた訪れ ぼくがいる
きみだってそう思っていて
その髪は風に揺れていて
ぼくはきみと話がしたい
きみの話を聞いてみたい

ぼくは走り疲れた身体を横たえ
片目できみが走る姿を追っていたくて
いつかはあの場所で